12/21 琉球ドラゴンプロレス 「KOZA BATTLE FESTA4」 沖縄市・ミュージックタウン音市場

第1試合 第2試合 第3試合 セミファイナル メインイベント


2:チューバーvsチューバー!
美ら海セイバー ティーダ・ヒート vs "RYUKYU-DOG"ディンゴ メイソン・チャイルズ


外国人チームはオーバーマスク着用で入場。
「チューバー」とは強者の意。


ディンゴの水吹きパフォーマンス。


"オーストラリアン・ウルヴァリン"メイソン・チャイルズ。
昨年3月のAWAで、めんそ〜れ親父と、ナイトメア
レスリングではシャドー・フェニックスとも対戦。


ティーダ・ヒート。ティーダは沖縄方言で、太陽の意。
美ら海セイバー。大阪プロレス、沖縄プロレスを経て、
現在はこのキャラクターで琉球ドラゴン所属。
美ら海は、"ちゅらうみ"と読む。


先発はティーダとディンゴ。
腕の取り合い。
ディンゴ前転から取り返す。


ティーダも同様の切り返し。


ディンゴヘッドロック、首投げ。
ティーダヘッドシザース。
両者距離をとる。


ディンゴから手を差しだし、握手。
額を突き合わせ、仕切り直し。


チョップとエルボーを打ち合い、
ショルダーブロック合戦。


ティーダ伏せかわし。
ディンゴ前転で越える。





ディンゴ、セカンドロープを踏み台に反転して
跳び付いてのアームドラッグ。


さらにニールキック。

つづき